読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の弱い部分と戦う

自分の弱い部分と戦う。劣等感とか無力感とかさびしさとかね。なびぞうはそりゃもう全力で、本気で戦ってきました。戦っていると自覚したのはたぶん10代です。良く覚えていないどね。いちばん壮絶に戦っていたのは20代から30代です。自分探し、キャリアアップ、自己啓発、自分育て?

 

やー、今思い出しても冷や汗でます。ほんとに出ます。痛すぎる自分に泣きそうになります。そしてその頃の自分を否定する気にもなれません。その頃の自分があったから今の自分があるわけだからね。

 

無理をすると壊れる。それは機械も生体も一緒です。なびぞうのボディはそんなに丈夫じゃないのでけっこうよく壊れます。ちなみに頭も弱い。すぐ鬱になります。

 

致命的に近い故障が起こる前には必ず小さなサインがあります。しかし、小さなサインに気付けるときはそんなに無いです。故障が起きてあとになってから「ああ、あれがサインだったんだなあ。」と気付くわけです。

 

弱い部分を強くしようと思ったり、弱い部分を補完するために鍛えたり働いたりしていたはずなのに、弱い部分は弱いままです。んで、鍛えた部分、ある意味もともと得意な部分ばかりが発達して、ますます悪くなるバランス。んで、その悪くなるバランスに気付かないようにさらに鍛える鍛える。

 

経験と評価がついてくるとちょっと自分も誤解しはじめるのですね。「お、一人前!?」って。でもそれはあくまでも他者による評価でして。自分のコアの部分が発するサインは無視していますから、背中の奥の底にある部分では納得していません。その納得していない部分をなんとか納得させようとしてまた他者からの評価や目に見える結果をたたきだしていきます。

 

でも、身体がサインを発します。またそれを無視します。それをひたすら繰り返していました。治療家として致命的な事故を起こしたり、突然倒れて入院しても気付かないふりをしていたんだけどね、はははははは。

 

ここで、ラッキーだなあと思うのはいつも紙一重で死なないところ。いつもギリギリで誰かが助けてくれたり、もうちょっとアレだったら死んでたなってところでなんとかなります。こないだできてた腫瘍も良性でした。それも2年連続で!別の部位で!イエーイ。

 

というわけで。

 

最近もうさすがに自分と戦うのやめようかと。というか。

一番弱いところ、一番やりたくないところと取り組む計画。うあああああ。その弱点を見たくないがために鍛えてきた30余年を否定するかのような行動。

 

 

 

はい。自分の弱さを認める、です。

できない自分を認める、

人に認められない自分、

美しくない自分、

かわいくない自分、

尊大で傲慢な自分、

だらしなくて怠惰でぐずぐずでもてない自分、

女性として価値の無い自分、

生きている価値の無い自分、です。

そしてそれらをなかったことにしている自分。

うっすら気付いていたけどどっかであきらめて

どっかで言い訳していた自分を受け入れる。

 

 

 

 

 

これ、すごく勇気いります。

そしてとても恥ずかしいです。

 

 

 

 

 

でもさ、

 

 

 

 

 

 

 がんばってきて、

その自分の弱さと向き合う強さをやっと得ることができたんだよね。

 

 

 

どうもありがとう。