読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中の

私の外見は40代の女性ですが、

私の中には

餓死したラッコ、

肉食の小型恐竜、

明るめの50代後半のおじさん、

妄想好きな太った文学少女

暗く怠惰な14才のマンガ好きの少年、

自分で賢いと思っているアタマの悪い10才児、

自意識過剰のオタク女子中学生、

自意識過剰のまま痛い20代女子に

なってしまって気がついたら

働き過ぎの30代後半女性になってしまって

まあでも仕事面白いからいいやと

開きなおって黙々と働く人などが住んでいます。

そのほか、

独身のまま40代で死んでしまった香港の金持ちの娘とかもいます。この人はけっこう良い人だけど世間知らずです。

 

彼らは私の前世みたいなものだったり

きちんと育てないまま放置された

過去の自分の一部なんだと思う。

 

おじさんと黙々と働く人のふたりが

前面で頑張ってくれているので、

社会的にはまあ一応大人やっています。

 

が、しかし。

他の人達も私の中では大きな存在でして。

まあ、ラッコと小型恐竜は人じゃないけどね。

 

時折そういうものが自己を主張してきます。

無視するのが大人のやり方かもしれません。

 

でも、せっかくなので

割と丁寧に対応したりもしてます。

こないだ久しぶりに

スクリーンで香港のカンフースターを

見せたら少年と10才児と女子中学生がすごく喜んでくれました。

 

私の仕事は他者を大切に扱うことなので、

まずは自分を大切に扱わねばと

しばらく前に気がついてね。

 

仕事ばっかりじゃいかんなと

思っているところです。

 

ちなみに今日のこのブログは

妄想好きの太った文学少女が作成しました。